«準々決勝 : 須藤琢夫 vs 東海林賢多 最新 準決勝 : 桜井光 vs 平山大輔»

LMC Championships 2008


準々決勝 : 三原槙仁 vs 高崎雄一

Written by Daisuke Kawasaki

1 年間にわたる LMC シーズンの集大成として開催された、この LMC Championships も、ついに決勝ラウンドを残すのみとなった。

この 1 年間で LMC イベントに参加し続けた「魔王」三原 槙仁。「千葉限定カイ・ブッディ」増野 良輔のジャガーノートっぷりに年間ポイントレースで大きく水をあけられてしまっていたが、ここに来て増野がトップ 8 入りを逃したことで、ここで準優勝以上の成績を残せば大逆転ができるというドラマティックなステージが完成した。

使用するデックは、「魔王」らしからぬエスパー・フェアリー。

そんな黙示録を阻止するべく三原の前に座るのが、高崎 雄一である。

使用するデックは、「バーンの伝道」板東 潤一郎曰く「王者のデック」こと赤単である。

なぜ板東がコメントしているのか、そしてどの辺が王者なのか、板東は王者といいたいだけなのではないかと、様々な疑問はあるが、しかし、赤単とフェアリーの相性だけは疑うところもない。

グランプリ・神戸以来ぶりに構築のトーナメントに参加したという高崎だが、デッキ相性を生かして、勝利を手にすることができるのか。

それとも、相性差を「魔王」が覆し、驚異的な逆転神話を三原がのこすのか。

Game 1

三原槙仁

先手高崎がマリガンから、ファーストアクションが 2 ターン目の《運命の大立者/Figure of Destiny》という厳しいスタート。

対して三原は《秘儀の聖域/Arcane Sanctum》から捻出した黒マナで 2 ターン目に《思考囲い/Thoughtseize》。ここで開示された手札が

という内容。三原は渋々《ボガートの突撃隊》をディスカードさせるが、当然、《運命の大立者》が 4/4 となって三原のライフを削りにかかる。メインの除去として《苦悶のねじれ/Agony Warp》を採用している三原にとってかなり厳しい展開である。

そして、追い打ちをかけるように、土地が 2 枚で止まってしまう。《苦花/Bitterblossom》を設置する三原だが、すでにダメージレースがエクストリームしている現状では《苦花》はあまりに痛すぎる。

だが、三原はここで幸運にも、フェアリートークンによるダメージと《苦悶のねじれ》の合わせ技で《運命の大立者》を除去することに成功する。ここで《モグの狂信者/Mogg Fanatic》の能力を使用しなかったことを悔いたのか、高崎は《復讐の亜神》での攻撃時には、今度はきちりとフェアリートークンに対して能力を起動する。しかし、今度は《ウーナの末裔/Scion of Oona》が間に合ってしまい、非常にちぐはぐな展開となってしまう。

追加の 4 枚目の土地を引き込むことに成功した三原は、高崎のアップキープに《霧縛りの徒党》をキャストする。三原のライフは 7 だが、しかし、これで巻き返せる目算が大きくなった。

高崎は 5 枚の土地すべてからマナを生み出す。

三原 「5 マナ??」

この時点での高崎の手札は 2 枚で、うち 1 枚はすでに確認済の《マグマのしぶき》である。

高崎はマナを残したままカードをドロー。

そして、三原に 2 枚のカードを提示する。

《炎の投げ槍/Flame Javelin》そして……《火葬/Incinerate》

三原 「うわー、しまったー……って全然しまってねぇー。どうしようもねぇ。それ今ひいたの?」

高崎 「王者のドローです」

三原 0-1 高崎


高崎雄一

Game 2

《変わり谷/Mutavault》を含む土地 5 枚に、《霧縛りの徒党》《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》という手札をみて、大きく頷きゲームをスタートする三原。

しかし、高崎の 1 ターン目のアクションである《運命の大立者》を見ていきなり頭を抱える。

三原 「やべぇ、もう負けそう」

何を言っているのかわからないが、本当に言っているのだから仕方がない。

1 ターン目・2 ターン目と《秘儀の聖域》《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》というタップインランドを処理し、《ジェイス・ベレレン》を場に送り込む。

この能力でのドローが念願の《苦花》。とはいえ、この先の高崎の選択肢次第では、この《苦花》に活躍の機会があるのか否かが勝負を大きく決定づけることになりそうだ。

高崎は、《苦悶のねじれ》を警戒して、三原のフルタップの隙に《運命の大立者》を 4/4 にすると、「わからん、全くわからん」といいつつ、《ジェイス・ベレレン》に攻撃する。

なんとか手札を消費することなく 1 ターンを稼ぎ出した形となった三原。ここで《苦花》を場に送り込む。

そして《霧縛りの徒党》をキャスト。だが、これは《炎の投げ槍》できっちりと捌かれてしまう。この絶体絶命の状況で三原が引いてきたのが、《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer》。すでに高崎は 6 マナを確保しているが、しかしこのターンは《ゴブリンの突撃/Goblin Assault》のキャストを優先し、《運命の大立者》は 4/4 のままアタック。

これで若干の余裕ができた三原は、フェアリートークンに《ロクソドンの戦槌》を装備させてアタックする。このトークンを高崎は《火葬》で除去し、三原にライフ回復の機会を与えない。

Figure of Destiny

さらに、三原の《ロクソドンの戦槌》への希望を《粉々/Smash to Smithereens》が文字通り粉々に打ち砕く。これで三原のライフは 3 になり、続く《苦花》によって、2 になる。

もはや、ただ死を座して待つのみとなってしまった三原ではあったが、ここでのドローがなんと《霧縛りの徒党》。最後のワンチャンスに期待してターンを終了する。

高崎は 2 体のゴブリントークンと、《ギトゥの宿営地》《運命の大立者》でアタックを宣言。これに対して、三原は、フェアリートークン 2 体と《変わり谷》、さらに《苦花》を覇権した《霧縛りの徒党》でのブロックを宣言しようとする。

しかし、高崎が《霧縛りの徒党》の覇権に対応する形で赤マナを生み出すのをみて、三原はすべてを悟る。

三原のブロッカーに対してキャストされる《マグマのしぶき》

三原 0-2 高崎


ここで、三原の最終順位が確定したことによって、増野 良輔が LMC の年間ポイントレースでの首位を確定させた。

Final Result:高崎雄一、準決勝進出!


Faerie - Mihara Makihito / LMC Championships 2008
 4  呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite
 4  ウーナの末裔/Scion of Oona
 4  霧縛りの徒党/Mistbind Clique
 3  誘惑蒔き/Sower of Temptation

15 Creatures 1 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer 4 苦花/Bitterblossom 4 謎めいた命令/Cryptic Command 4 苦悶のねじれ/Agony Warp 2 砕けた野望/Broken Ambitions 2 霊魂放逐/Remove Soul 3 思考囲い/Thoughtseize
20 Spells 3 島/Island 2 沼/Swamp 4 人里離れた谷間/Secluded Glen 4 地底の大河/Underground River 4 沈んだ廃墟/Sunken Ruins 1 秘儀の聖域/Arcane Sanctum 3 フェアリーの集会場/Faerie Conclave 4 変わり谷/Mutavault
25 Land 60 Total Cards
 1  ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer
 3  死の印/Deathmark
 2  鎖の呪い/Curse of Chains
 2  コショウ煙/Peppersmoke
 3  ジェイス・ベレレン/Jace Beleren
 2  剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore
 2  くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique

15 Sideboard Cards
Red Deck Wins - Takasaki Yuichi / LMC Championships 2008
 4  モグの狂信者/Mogg Fanatic
 4  運命の大立者/Figure of Destiny
 4  アッシェンムーアの抉り出し/Ashenmoor Gouger
 4  ボガートの突撃隊/Boggart Ram-Gang
 4  復讐の亜神/Demigod of Revenge

20 Creatures 4 火葬/Incinerate 4 穿刺破/Puncture Blast 4 炎の投げ槍/Flame Javelin 4 マグマのしぶき/Magma Spray
16 Spells 21 山/Mountain 3 ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment
24 Land 60 Total Cards
 4  ゴブリンの突撃/Goblin Assault
 2  恒久の拷問/Everlasting Torment
 2  粉々/Smash to Smithereens
 4  恨み唸り/Spitebellows
 3  ヴィティアのとげ刺し/Vithian Stinger

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集