«準々決勝 : 萩原紀幸 vs 平山大輔 最新 準々決勝 : 三原槙仁 vs 高崎雄一»

LMC Championships 2008


準々決勝 : 須藤琢夫 vs 東海林賢多

Written by Yusuke Yoshikawa

今大会ではおなじみとなった、フェアリーとキスキンの対戦。

細かいチューニングが勝負を分けそうだ。

Game 1

須藤琢夫

ダイスロールで須藤が「20 面体の 1」を出してしまい、東海林が先攻を選んだ。

東海林は《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender》から、《皺だらけの主/Wizened Cenn》と続けて 2 点を与える立ち上がり。

第 3 ターンの攻撃は《苦悶のねじれ/Agony Warp》《皺だらけの主》を除去しつつ 0 点に抑えるが、続けて《幽体の行列/Spectral Procession》

須藤は《変わり谷/Mutavault》を出して待ち受けるが、東海林は《変わり谷》プレイから《栄光の頌歌/Glorious Anthem》を見せる。

これが通り、攻撃で須藤のライフは一気に 10 に。

この終了フェイズに《ウーナの末裔/Scion of Oona》を出すが、《苦花/Bitterblossom》がない状況では物量に押され気味。

場にある《変わり谷》などを動かしながら、次のターンのブロックを考える須藤。しかしその表情は芳しくない。対して東海林はポーカーフェイス。

《変わり谷》《フェアリーの集会場/Faerie Conclave》《沈んだ廃墟/Sunken Ruins》と並ぶ横に《島/Island》を置くだけでターンを返す須藤に対し、東海林はスピリット・トークン 3 体で攻撃。須藤は《ウーナの末裔》で 1 体をチャンプブロックする形。

東海林が続けた《幽体の行列》 2 枚目を《謎めいた命令/Cryptic Command》でカウンターしつつ、《栄光の頌歌》を戻す。この結果トークンが 1 つ減る。

ターンを返した東海林に、須藤はなけなしのライフ 6 から《思考囲い/Thoughtseize》をプレイして、《栄光の頌歌》を落とすことで耐えようとするが、横には《運命の大立者/Figure of Destiny》に加えて《皺だらけの主》が見えている。

ターンを返した須藤に、東海林は《皺だらけの主》をプレイして、《ブレンタンの炉の世話人》とスピリット 2 体で攻撃し、《変わり谷》は残す。

須藤は《変わり谷》《ブレンタンの炉の世話人》をブロックし、《苦悶のねじれ》《皺だらけの主》を除去しつつトークンのパワーを下げて耐えるが、もはやライフは 3。

続くターンに《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant》を見届けると、東海林の攻撃宣言を待って投了を宣言した。

須藤 0-1 東海林


東海林賢多

Game 2

逆転を期する須藤が先攻。しかし、その 7 枚に《苦花》はない。ほかの内容は悪くないのでキープとした。

今度は東海林も内容が芳しくなく、マリガン。

その 6 枚に向けて須藤が《思考囲い》を放つと、《ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart》《皺だらけの主》《メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain》。ここから須藤は《メドウグレインの騎士》を選択し、東海林は《ゴールドメドウの重鎮》《皺だらけの主》公開でプレイした。

《フェアリーの集会場》のプレイを見て、東海林は存在を知られている《皺だらけの主》ではなく、《風立ての高地/Windbrisk Heights》をプレイして様子を伺う。

ここで須藤は守りの要となる《静月の騎兵/Stillmoon Cavalier》を場に送る。

東海林もこれには手を止めざるを得ず、《風立ての高地》の 2 枚目と《皺だらけの主》をプレイするのみ。

これで時間を得たと思われた須藤だが、第 4 ターンにプランを考えていると何かに気づいたらしく、《人里離れた谷間/Secluded Glen》(公開:《霧縛りの徒党/Mistbind Clique》)から一転《フェアリーの集会場》《静月の騎兵》で攻撃に入る。

Windbrisk Heights

東海林の《皺だらけの主》《ゴールドメドウの重鎮》の攻撃に対しては、《送還/Unsummon》《ゴールドメドウの重鎮》を戻す。東海林は引き当てていた《幽体の行列》をプレイ、さらに《風立ての高地》の 3 枚目を並べる。

須藤は再び考慮に沈む。今度は《静月の騎兵》も攻撃に行けず、5 枚目の土地を置いてターンを返すだけ。

東海林は《皺だらけの主》とスピリット 3 体で攻撃、須藤は《静月の騎兵》に飛行を与えてスピリット 1 体を撃墜。

しかしこれで《風立ての高地》の条件を満たした東海林は、1 枚目から《白蘭の騎士/Knight of the White Orchid》、2 枚目から《イーオスのレインジャー/Ranger of Eos》をプレイして 2 枚の《運命の大立者》を手札に加え、3 枚目から《幽体の行列》プレイと、一気に物量を増した。

一方、須藤は土地こそ順調に並ぶものの、1 枚の《静月の騎兵》に続く対処手段が来ない。

東海林のターンに入りアップキープ、仕方なくといった感じで《フェアリーの集会場》をクリーチャー化して、それを覇権する形で《霧縛りの徒党》をプレイするが、覇権能力に対応しての《外身の交換/Crib Swap》をプレイされて成就せず。

さらに《栄光の頌歌》がプレイされては、「完敗」というほかになかった。

須藤 0-2 東海林


Final Result:東海林賢多、準決勝進出!


UB Faerie - Suto Takuo / LMC Championships 2008
 4  呪文づまりのスプライト/Spellstutter Sprite
 4  霧縛りの徒党/Mistbind Clique
 4  ウーナの末裔/Scion of Oona

12 Creatures 1 ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer 4 苦花/Bitterblossom 4 謎めいた命令/Cryptic Command 4 苦悶のねじれ/Agony Warp 4 送還/Unsummon 4 思考囲い/Thoughtseize 2 連絡/Tidings
23 Spells 3 島/Island 2 沼/Swamp 4 地底の大河/Underground River 4 人里離れた谷間/Secluded Glen 4 沈んだ廃墟/Sunken Ruins 4 フェアリーの集会場/Faerie Conclave 4 変わり谷/Mutavault
25 Land 60 Total Cards
 4  瞬間凍結/Flashfreeze
 3  死の印/Deathmark
 3  コショウ煙/Peppersmoke
 3  静月の騎兵/Stillmoon Cavalier
 2  くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique

15 Sideboard Cards
Kimo-Kin - Shoji Kenta / LMC Championships 2008
 4  運命の大立者/Figure of Destiny
 4  ゴールドメドウの重鎮/Goldmeadow Stalwart
 4  メドウグレインの騎士/Knight of Meadowgrain
 4  皺だらけの主/Wizened Cenn
 3  雲山羊のレインジャー/Cloudgoat Ranger
 2  白蘭の騎士/Knight of the White Orchid
 2  イーオスのレインジャー/Ranger of Eos
 1  ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender

24 Creatures 2 栄光の頌歌/Glorious Anthem 3 損ない/Unmake 4 幽体の行列/Spectral Procession 2 遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant
11 Spells 17 平地/Plains 4 風立ての高地/Windbrisk Heights 2 ひなびた小村/Rustic Clachan 2 変わり谷/Mutavault
25 Land 60 Total Cards
 4  静月の騎兵/Stillmoon Cavalier
 3  ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender
 2  目覚ましヒバリ/Reveillark
 1  外身の交換/Crib Swap
 1  損ない/Unmake
 3  神の怒り/Wrath of God
 1  変わり谷/Mutavault

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集