«ラウンド 1: 東貴雄 vs 有田隆一 最新 ラウンド 3: 菅谷裕信 vs 宮本寛弥»

LMC Championships 2008


ラウンド 2: 北川宜男 vs 高崎雄一

Written by Yusuke Isayama

普段は LMC でジャッジをしている北川だが、出場権利を持っている今日は、黒緑エルフを携え、プレイヤーとしての参加である。

対する高崎はポーカープレイヤーとして活躍している傍ら、マジックもプレイする両刀使いである。使用デッキは赤単スライ。

両者とも前のめりのビートダウン対決となった。

Game 1

北川宣男

ダイスロールの結果、先手をとった北川だが、初手が思わしくないようでマリガンを選択。この後さらにマリガンし、5 枚の手札をキープ。

高崎は小考ののち 7 枚のハンドをキープ。

北川の《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》でゲームスタートし、2 ターン目に順調に《傲慢な完全者/Imperious Perfect》とつなげてマリガンを感じさせない展開を見せる。

対する高崎は 3 ターン連続で《山/Mountain》をセットするにとどまる。

ここでさらに攻めるべく北川は《傲慢な完全者》でトークンを産み出そうとするが、さすがにそこには高崎の《炎の投げ槍/Flame Javelin》が飛ぶ。フルタップになった高崎にクリーチャー化した《樹上の村/Treetop Village》と 1/1 トークン、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》が襲いかかる。

しかし、やられてばかりはいない、と高崎は《ボガートの突撃隊/Boggart Ram-Gang》を展開してターンを返す。

これを受けて北川は《護民官の道探し/Civic Wayfinder》から《沼/Swamp》を調達し、《狼骨のシャーマン/Wolf-Skull Shaman》と一気に展開するが、《ボガートの突撃隊》を乗り越えるだけのパワーを持つクリーチャーがいないのが苦しいところである。

そんな北川を横目に、高崎は待望の5枚目の土地を置くと、赤単スライの代名詞である《復讐の亜神/Demigod of Revenge》をプレイし、レッドゾーンへと送り込む。

これを除去する手段を持たず、また引き込むこともできなかった北川は、次のゲームに気持ちを切り替えるほかになかった。

北川 0-1 高崎


Game 2

高崎雄一

2 度目の先手を得たは北川は、少し難しい顔をしつつオープニングハンドをキープする。

対する高崎はあっさりとマリガン。祈るように見たマリガン後の手札も思わしくないようで、またもマリガンを選択し、5 枚の手札でスタートするという、Game 1 の北川と同じ状態になってしまった。

北川は《光り葉の宮殿/Gilt-Leaf Palace》から《ラノワールのエルフ》からスタートし、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》と赤単に対するひとつの回答をプレイする。対する高崎はダブルマリガンが効いているのか、《ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment》《山/Mountain》とセットするにとどまる。

何もプレイしていない高崎を尻目に、北川は悠々と 2 体のクリーチャーをレッドゾーンへと送り込み、《光り葉の宮殿》をセットしてターンを返す。

高崎は 3 ターン目にしてついにクリーチャーを引いたらしく、《運命の大立者/Figure of Destiny》をプレイするが、これは北川の《名も無き転置/Nameless Inversion》によってすぐに退場させられる。

勢いに乗った北川は《変わり谷/Mutavault》を起動し、《台所の嫌がらせ屋》《ラノワールのエルフ》と 3 体でアタック。

受けるダメージを少しでも減らすため、高崎は《マグマのしぶき/Magma Spray》《台所の嫌がらせ屋》を除去するが、迎えた自らのターンで 4 枚目の土地を置くこともクリーチャーをプレイすることもできず、そのままターンを終了する。

高崎がまともに動けない間に少しでもライフを削りたい北川は、《変わり谷/Mutavault》《ラノワールのエルフ》による攻撃を続行するが、《火葬/Incinerate》によって《変わり谷》が除去されてしまい、思い通りにライフを削ることができない。

防戦に追い込まれているものの、高崎は《ボガートの突撃隊》をプレイしアタックを敢行、殴り合いを挑むが、北川はこれを《不敬の命令/Profane Command》で除去しつつライフを奪う。

後続で高崎がプレイした《運命の大立者》も同様に除去し攻め手をゆるめないが、攻撃しているクリーチャーが《ラノワールのエルフ》だけのため、高崎を倒すには至っていない。

そうこうしているうちに《火葬》によって葬られる《ラノワールのエルフ》

北川が 2 連続で引いてきた《レンの地の克服者/Wren's Run Vanquisher》も 2 連続の《恨み唸り/Spitebellows》想起できっちりと対処され、だめ押しとばかりに出てくる《運命の大立者》

4/4 にまで成長した《運命の大立者》に一度は攻撃を許すものの、《原初の命令》でライフを確保しつつ、手札に加えた《叫び大口/Shriekmaw》でこれを処理したうえで 3 点のクロックを用意する。

この時点で高崎のライフは 4、北川のライフは 18 と大きく差が開いている。

この差を少しでも埋めるべく、高崎は《モグの狂信者/Mogg Fanatic》をプレイし、《恨み唸り》《叫び大口》を除去し、次なるターンには《復讐の亜神》を追加。北川が引き込んできた《樹上の村》とすれ違いの殴り合いを演じる。

《樹上の村》の攻撃を受けてライフが 1 まで落ち込んだ高崎だが、《ギトゥの宿営地》が 2 枚あるため、《復讐の亜神》による攻撃を続行する。

残りライフ 8 となった北川は、ここで的確な引きを見せる。

まずは《護民官の道探し》を引き込んでプレイ。次のターン、《護民官の道探し》《樹上の村》で攻撃、当然高崎は《ギトゥの宿営地》をクリーチャー化するが……北川が引いてきたのは《名も無き転置》!!

これにより《ギトゥの宿営地》を除去された高崎は、自分のライフを守りきることができなかった。

北川 1-1 高崎


Game 3

Demigod of Revenge

このマッチで初めて高崎が先手となった。両者マリガンなくゲーム開始となる。

高崎は《山》から《運命の大立者》と好調ぶりをアピールする。

対する北川も 2 ターン目に《ラノワールのエルフ》を公開しつつ《レンの地の克服者》スタートと、ひけをとらない。

これを見た高崎は、小考のすえ《アッシェンムーアの抉り出し/Ashenmoor Gouger》をプレイしてターンを渡す。

強力なクリーチャーを前に、しかし北川は何も動くことができない。

それは高崎も同じで、4 枚目の土地をおいてターンを終了すると、エンドフェイズに《アッシェンムーアの抉り出し》へと飛ぶ《眼腐りの終焉/Eyeblight's Ending》

これによって北川がフルタップした隙を突き、高崎は《運命の大立者》を 4/4 へと成長させる。

北川は迎えた 4 ターン目、まずは《レンの地の克服者》で攻撃し、さきほど公開した《ラノワールのエルフ》《狼骨のシャーマン》と一気に畳みかける。

しかし、北川の攻勢はここまでだった。

高崎は 5 枚目の土地を置くと《復讐の亜神》をプレイ、《運命の大立者》と共にレッドゾーンへと送り出し、北川のライフを奪い去りに行く。

北川は《ラノワールのエルフ》《運命の大立者》をブロックし、被害を最小限に食い止め、《台所の嫌がらせ屋》を場に追加、8/8 に成長しようとした《運命の大立者》《眼腐りの終焉》で除去するが……。

《復讐の亜神》の前ではささやかな抵抗でしかないようだった。

北川 1-2 高崎


Final Result:高崎 Wins!


Chercy Girl - Kitagawa Norio / LMC Championships 2008
 4  ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
 4  レンの地の克服者/Wren's Run Vanquisher
 4  傲慢な完全者/Imperious Perfect
 4  狼骨のシャーマン/Wolf-Skull Shaman
 4  護民官の道探し/Civic Wayfinder
 3  カメレオンの巨像/Chameleon Colossus
 2  叫び大口/Shriekmaw

25 Creatures 4 名も無き転置/Nameless Inversion 3 眼腐りの終焉/Eyeblight's Ending 4 不敬の命令/Profane Command
11 Spells 3 森/Forest 2 沼/Swamp 4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes 4 光り葉の宮殿/Gilt-Leaf Palace 2 黄昏のぬかるみ/Twilight Mire 1 反射池/Reflecting Pool 4 樹上の村/Treetop Village 4 変わり谷/Mutavault
24 Land 60 Total Cards
 2  雲打ち/Cloudthresher
 2  台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks
 1  叫び大口/Shriekmaw
 3  思考囲い/Thoughtseize
 2  原初の命令/Primal Command
 2  増え続ける荒廃/Incremental Blight
 3  野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker

15 Sideboard Cards
Red Deck Wins - Takasaki Yuichi / LMC Championships 2008
 4  モグの狂信者/Mogg Fanatic
 4  運命の大立者/Figure of Destiny
 4  アッシェンムーアの抉り出し/Ashenmoor Gouger
 4  ボガートの突撃隊/Boggart Ram-Gang
 4  復讐の亜神/Demigod of Revenge

20 Creatures 4 火葬/Incinerate 4 穿刺破/Puncture Blast 4 炎の投げ槍/Flame Javelin 4 マグマのしぶき/Magma Spray
16 Spells 21 山/Mountain 3 ギトゥの宿営地/Ghitu Encampment
24 Land 60 Total Cards
 4  ゴブリンの突撃/Goblin Assault
 2  恒久の拷問/Everlasting Torment
 2  粉々/Smash to Smithereens
 4  恨み唸り/Spitebellows
 3  ヴィティアのとげ刺し/Vithian Stinger

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集